2014年5月7日水曜日

総務省、スマートフォンの通信速度を共通基準で測定する実測試験を今秋実施へ

読売新聞は5月7日、スマートフォンの通信速度を共通基準で測定する実測試験を今秋に実施すると報じました。

消費者から、各社スマートフォンの通信速度について「広告より遅い」「わかりにくい」といった苦情が出ていることに配慮し、各社で統一した基準を作るのが狙いであるとのこと。

全国15都市の計約1500か所で、総務省が送信したデータを受信する速度を測ることで、オフィス街や住宅地と言った地域の特性に応じた測定場所選びや、どの時間帯に測定すればいいかなどを検証するとのこと。統一基準で通信速度を測るソフトの開発も検討するそうです。

情報元:読売新聞